トップ
ご注文
書籍情報
雑誌情報
お薬くん
『乳癌の臨床』賞
『乳癌の臨床』特別号2009
『乳癌の臨床』特別号2010
『乳癌の臨床』特別号2012
『乳癌の臨床 創刊20周年記念総目録』
世界の窓へ
常備書店一覧
広告媒体基礎資料
訂正(正誤表)
お問い合わせ
会社概要
リンク
転載許諾

統計学の足立堅一先生の
『どこにも書いてない、誰も教えてくれない「統計解析」
−本当に重要な“勘どころ”とは−』


統計学の足立堅一先生の
ブログはこちら




医師の転職紹介は
ジェイ・ドクター・ネット
看護師の転職紹介は
ジェイ・ナース・ネット
医療機器の比較検討
医療機器ネット

  病期分類

 がんの診断では病期分類が必須である.それは治療法の決定に直結するからである.日本には,がん取扱い規約があり,厳重に規定している.しかし,この規定は時に日本独自のものであり,その場合は他の病期分類も知ると,病期分類の根本的様相が見えてくる.さらに,両者のどちらが臨床上有用かを考えることにより,それを治療に役立てることもできよう.そこで,アメリカでの病期分類の実状をネットから検索してみた.

  (このあとに続く本文は、編集委員が下記のホームページにアクセスした印象記と
   なっております。各ホームページ名をクリックしてぜひご覧下さい。また、それぞ
   れのホームページのアドレスも一緒に記載しておりますので、アクセスしてみては
   いかがでしょうか。  小社記)

 病期分類をインターネットで簡単にできるようなものはないか検索したが,見つからなかった.やはり現時点では,日本の場合は,がん取扱い規約に従わざるを得ないようである.それにしても,病期分類の重要さにくらべて,これを扱うサイトの少なさに驚いている.その理由は,病期分類がしばしば変更されること,がんの部位によって病期分類の仕方が異なること,すべてのがんにわたる確固とした分類基準に欠けていること,などが考えられよう.もう少し普遍性の高い病期分類が望まれる.そのためには,病期分類の作成に関わる人々が,多くの病期分類に精通することが必要と考える. (文責:編集委員 井上勝一)


 ■Food and Drug Administration(FDA):Disease Staging Manual


 ■Merck Manual of Diagnosis and Therapy:Diagnostic Tools Utilized in Gauging Stages of Cancer


 ■National Cancer Institute(NCI):Cancer Staging Information


 ■Weill Medical College:Grading and Staging of Canters



お問い合わせ  株式会社 篠原出版新社
Tel 03-5812-4191  Fax 03-5812-4292
E-mail:info@shinoharashinsha.co.jp
URL:http://www.shinoharashinsha.co.jp