トップ
ご注文
書籍情報
雑誌情報
お薬くん
『乳癌の臨床』賞
『乳癌の臨床』特別号2009
『乳癌の臨床』特別号2010
『乳癌の臨床』特別号2012
『乳癌の臨床 創刊20周年記念総目録』
世界の窓へ
常備書店一覧
広告媒体基礎資料
訂正(正誤表)
お問い合わせ
会社概要
リンク
転載許諾

統計学の足立堅一先生の
『どこにも書いてない、誰も教えてくれない「統計解析」
−本当に重要な“勘どころ”とは−』


統計学の足立堅一先生の
ブログはこちら




医師の転職紹介は
ジェイ・ドクター・ネット
看護師の転職紹介は
ジェイ・ナース・ネット
医療機器の比較検討
医療機器ネット

「患者のための医療」へ戻る

医療事故情報(2001年11月〜2002年1月)

   2001年11月分

▲事故:新潟/県立小出病院 2001-08
 内視鏡で大腸を損傷、縫合後に急変し、死亡

●判決:岡山地裁2001-11-06
(事故:岡山/児島中央病院 時期不明)
 がんの内視鏡検査後に急性膵炎。治療薬の投与も誤り、死亡。認容額約6720万円

●示談
(事故:愛知/岡崎市民病院 2000-07)
 生体腎移植に際してドナーの血液型確認を怠り危うく手術。約210万円の賠償へ

▲事故:北海道/市立室蘭総合病院 2001-09
 点滴液が胸腔内に漏れる点滴ミスで死亡。示談へ

▲事故:北海道/市立室蘭総合病院 2001-10
 肺がん手術中に大量出血し死亡。示談へ

▲送検(事故:愛知/名古屋市港区・産婦人科医 2000-08)
 陣痛促進剤の誤使用、転院させず死亡。書類送検

▲提訴:神戸地裁尼崎支部
(事故:兵庫/西宮市・清和会笹生病院 2000-12)
 劇症型心筋炎で、初期診断のミスにより死亡と提訴

▲起訴
(事故:東京/大田区・城南福祉医療協会大田病院 2000-08)
 気管切開チューブの交換でミスとして、看護婦を略式起訴

●示談
(事故:大阪/関西医大病院 2000-04)
 IVH中にビタミン補給せず、死亡。謝罪し、7000万円で示談

●示談 (事故:神奈川/平塚市民病院 2000-07)
 扁桃手術後に綿球が気管支に入り、肺炎に。50万円の賠償へ

●示談
(事故:北海道/市立小樽病院 1997-07)
   術後出血で、後遺症。900万円の賠償

▲事故:神奈川/病院外 2000-01
 携帯用酸素ボンベが破損し、熱傷

■判決:大津地裁2001-11-26
(事故:滋賀/滋賀医大病院 1991-11)
 解離性脳動脈瘤の血管内手術で合併症、5日後に死亡。認容額8800万円

■判決:最高裁第三小法廷2001-11-23
(事故:大阪/泉佐野市の医院 1991-02)
   乳がんの乳房温存療法につき説明不十分。最高裁が差し戻し

■判決:東京地裁 2001-11-27
(事故:東京/聖路加国際病院 1996-01)
 帝王切開でガーゼ置き忘れ。認容額約470万円

●示談
(事故:広島/広島市民病院 1999-11)
 内視鏡検査中に脳内出血で後遺症。約6700万円賠償

■判決:広島高裁松江支部2001-11-28
(事故:鳥取/県立中央病院 1986-11)
 腹部膿瘍の手術でチューブに切れ目、腹膜炎を起こし死亡。認容額790万円

▲事故:愛知/春日井市民病院 2001-11
 患者体内に器具残し縫合。術後X線写真で気付き再手術

▲提訴:仙台地裁
(事故:宮城/JR仙台病院 1997-10)
 悪性リンパ腫で脾摘、術後出血で死亡

▲事故:東京/東京大病院 2001-09
 死後の臓器提供の女性に器具置き忘れ

●和解:大阪地裁2001-11-30
(事故:北海道/札幌市内の診療所 1999-06)
 急性白血病をかぜと誤診、遺族と和解、6200万円の賠償


    2001年12月分

■判決:東京簡裁2001-11-20
(事故:東京/大田区・城南福祉医療協会大田病院2000-08)
   気管切開チューブの交換で呼吸不能、低酸素脳症。罰金40万円

▲提訴:新潟地裁長岡支部
(事故:新潟/長岡赤十字病院 1997-05)
 脳梗塞を誤診され、後遺症として提訴

▲送検
(事故:新潟/三条市・医療法人嵐陽会三之町病院 2001-02)
 強心剤の過剰投与で死亡。医師2人を書類送検

●示談
(事故:愛知/半田市民病院 2000-06)
 良性肝腫瘍を大腸がん転移と誤診。約85万円の賠償へ

●和解
(事故:福岡/町立芦屋中央病院 1994-)
 骨折を見落とされ、後遺症。900万円で和解へ

▲提訴:横浜地裁
(事故:横浜栄共済病院 1999-12)
 モルヒネで死亡として提訴

▲送検
(事故:青森/国民健康保険五戸総合病院 2000-04)
 点滴ミスで流産。助産婦らを書類送検

▲事故:愛知/名古屋市立大病院 2001-06
 輸血用カテーテルが切断し静脈内に遺残、心臓に達する

▲提訴:大阪地裁
(事故:大阪/枚方市民病院 1996-02)
 乳がんではないのに乳房を切除したなどとして提訴

■判決:東京地裁2001-12-17
(事故:埼玉/防衛医大病院1990)
 術後筋力低下の説明不足。認容額約500万円

■判決:名古屋地裁2001-12-19
(事故:岐阜/岐阜大病院 1992-08)
   心臓手術後に失明、認容額約2500万円

■判決:仙台地裁2001-12-20
(事故:宮城/公立気仙沼総合病院 1992-03)
 羊水塞栓、過失あるが救命は困難。認容額約720万円

■判決:千葉地裁2001-12-20
(事故:千葉/千葉労災病院 1995-07)
 舌がん手術後、急変し植物状態、その後死亡。認容額約5770万円

●和解:静岡地裁2001-12-20
(事故:静岡/清水市立病院 1994-01)
   脳腫瘍手術で両眼失明。5000万円で和解

▲起訴
(事故:山梨/甲府市・松田産婦人科医院 1997-03)
 偽証教唆で院長を起訴、証言した看護婦を偽証で起訴

▲提訴:東京地裁
(事故:東京/都立豊島病院ほか 2001-03)
 人工換気用具の接続不良で乳児死亡として提訴 

▲提訴:甲府地裁
(事故:山梨/西部の医院 1998-08)
 出生後の治療が不適切で脳性麻痺として提訴

▲提訴:仙台地裁
(事故:宮城/東北大病院 1999)
 人工心肺装置から血液中に空気が入り後遺症として提訴

▲事故:東京/東京女子科大病院 2001-03
 心臓手術で人工心肺装置の操作ミスで死亡

▲事故:北海道/天塩町立国民健康保険病院 2000-10
 マル秘の診療行為経過確認書に医療過誤の記載

▲事故:山口/県立精神病院静和荘 2000-05
 不審死を警察に届出ず


    2002年1月分

▲事故:石川/公立能登総合病院 2001-12
 新生児に抗生剤が基準量の6倍

▲送検
(事故:大阪/大阪赤十字病院 1999-12)
   抗がん剤過剰投与の死亡。元研修医を書類送検

▲告訴
(事故:東京/東京女子医大病院 2001-03)
 人工心肺の操作ミスで死亡として告訴

▲事故:大阪/大阪大病院 1995
 顎のがん治療で過誤。カルテの一部が不提出のまま結審へ

▲送検(事故:秋田/市立秋田総合病院 2001-08)
 新生児にホウ酸水を飲ませ中毒症。助産婦を書類送検

▲事故:東京/東京慈恵会医大病院 2001-12
 不整脈などで入院中の男性が急死、警察に届出

▲事故:北海道/市立小樽病院 2002-01
 人工呼吸器の電源入れ忘れ、死亡

▲提訴:東京地裁
(事故:千葉/帝京大市原病院 1998-12)
 無理な出産で重い障害

▲提訴:横浜地裁
(事故:神奈川/横浜市立大病院 1999-09)
 帝王切開などを怠り新生児に重度障害として提訴

▲告訴
(事故:東京/東京医大八王子医療センター 2001-05)
 血腫確認せずと、担当医を告訴へ

■判決:東京地裁2002-01-16
(事故:東京大学医科学研究所付属病院 1996)
 不適切な輸液で後遺症。認容額800万円

■判決:大阪地裁2002-01-16
(事故:大阪/高槻市・村上外科 1999-01)
 アレルギー過敏症の患者がショック死。認容額約7300万円

▲提訴:新潟地裁
(事故:新潟/新潟大病院 2001-01)
 動脈と静脈を間違えて継ぐ。調停不調で提訴

▲提訴:新潟地裁
(事故:新潟/新潟大病院 2000-10)
 脊髄腫瘍の疑いで転院し、そのまま手術、術中に腫瘍ではなくヘルニアと判明

▲提訴:那覇地裁
(事故:沖縄/浦添市の病院 1994-04)
 脊髄麻酔で下半身麻痺と提訴

●示談
(事故:愛知/国立名古屋病院 1997-09)
 子宮摘出手術後大量出血で死亡。病院が5000万円の賠償

■判決:最高裁第三小法廷 2002-01-22
(事故:北海道/道立札幌医大病院 1990-08)
 説明不足で適切な移植時機を逸した、400万円の損害賠償が確定

■判決:札幌地裁2002-01-25
(事故:北海道/国立札幌病院 1995-01)
 術後縫合不全で死亡。認容額約4700万円

▲事故:東京/世田谷区・伊藤脳神経外科病院 2002-01
 セラチア菌院内感染、原因はヘパリン生食への菌混入?

■判決:東京地裁2002-01-28
(事故:千葉/帝京大市原病院 1992-06)
 検査中に脳動脈瘤が破裂し1カ月後に死亡。認容額約1億7000万円

■判決:高松高裁2002-01-29
(事故:高知/高知市・防治会の病院 1994)
 MRSAに院内感染し、死亡。遺族が逆転勝訴、認容額約1650万円

■判決:広島地裁2002-01-30
(事故:広島/広島市佐伯区・五日市記念病院 1997) 
 脳動脈瘤の検査で脳梗塞。認容額約5000万円

■判決:東京高裁2002-01-31
(事故:神奈川/藤沢市民病院 1998-07)
 安易に帰宅させたとして、遺族が逆転勝訴。認容額約2200万円

■判決:東京高裁2002-01-31
(事故:神奈川/相模原協同病院 1993)
 玩具で窒息し、障害。男児側が逆転勝訴、認容額約1億3400万円


「患者のための医療」へ戻る



お問い合わせ  株式会社 篠原出版新社
Tel 03-3816-5311  Fax 03-3816-5314
E-mail:info@shinoharashinsha.co.jp
URL:http://www.shinoharashinsha.co.jp