トップ
ご注文
書籍情報
雑誌情報
お薬くん
『乳癌の臨床』賞
『乳癌の臨床』特別号2009
『乳癌の臨床』特別号2010
『乳癌の臨床』特別号2012
『乳癌の臨床 創刊20周年記念総目録』
世界の窓へ
常備書店一覧
広告媒体基礎資料
訂正(正誤表)
お問い合わせ
会社概要
リンク
転載許諾

統計学の足立堅一先生の
『どこにも書いてない、誰も教えてくれない「統計解析」
−本当に重要な“勘どころ”とは−』


統計学の足立堅一先生の
ブログはこちら




医師の転職紹介は
ジェイ・ドクター・ネット
看護師の転職紹介は
ジェイ・ナース・ネット
医療機器の比較検討
医療機器ネット

「患者のための医療」へ戻る

医療事故情報 2002年7月〜9月

   判決 (対象期間に公表や報道があった判決を言渡日順に並べてある。)

■判決:横浜地裁 H13.10.31
(事故:神奈川県/横浜市港南区:済生会横浜市南部病院 1993-03〜04)
 放射線の過剰照射で脳障害。◆請求認容(1500万円)

  ■判決:和歌山地裁 H14.3.18
(事故:和歌山県/社会保険E綜合病院 1997-04-17)
 胸水を抜く胸腔ドレナージで急変。説明義務違反。◆請求認容(約3000万円)

  ■判決:さいたま地裁 H14.3.29
(事故:埼玉県/川口市:市立医療センターと鳩ヶ谷中央病院 1997-04-23〜27)
 ウィルス性心筋炎で死亡。病院に過失なし。◇請求棄却

■判決:青森地裁弘前支部 H14.4.12
(事故:青森県/弘前市:D病院 1992-05-22)
 胎児切迫仮死で吸引分娩を強行、児が脳性麻痺で2年後に死亡。◆請求認容(約2630万円)

■判決:名古屋高裁 H14.4.24
(事故:不明/産婦人科病院 時期不明)
 産後の会陰縫合時のトラブル。控訴審も第一審を支持。◆請求認容(60万円)

  ■判決:東京地裁 H14.5.17
(事故:不明/健康保険組合の病院 1999-11-13)
 入院中に睡眠薬を飲み、トイレで転倒して骨折。◇請求棄却

  ■判決:神戸地裁 H14.5.28
(事故:兵庫県/神戸市:垂水病院 1996-09-09)
 アルコール依存の治療中に肺炎から呼吸停止を起こし、植物状態、死亡。◆請求認容(約8630万円)

  ■判決:神戸地裁 H14.6.21
(事故:不明/病院 1999-02-08)
 胃カメラ検査後の自動車事故、説明不足が原因。◆請求認容(約600万円)

  ■判決:東京地裁 H14.6.28
(事故:東京都/東京医科大学病院 1998-09-24)
 リハビリ中に転倒し、硬膜下出血で死亡。◆請求認容(約1950万円)

■判決:徳島地裁 H14.7.5
(事故:徳島県/市場町:阿波病院 1997-01)
 髄膜炎を腎臓の炎症と誤診され死亡。◆請求認容(約2100万円)

■判決:福岡地裁小倉支部 H14.7.9
(事故:福岡県/北九州市小倉区:健和会大手町病院 1998-11)
 血液検査の採血で神経損傷。◆請求認容(約3800万円)

■判決:大阪地裁堺支部H14.7.10 (事故:大阪府/コンタクトレンズ販売店 1999-04)
 コンタクトレンズで角膜損傷、医師とレンズ販売会社に説明義務違反。◆請求認容(約425万円)
     参考:2002-07-10読売、産経など。

  ■判決:青森地裁弘前支部 H14.7.17
(事故:青森県/弘前市:弘前大学病院 1997-01-31)
 PTCAのミスでCABG。◆請求認容(約4400万円)

■判決:新潟地裁長岡支部 H14.7.17
(事故:新潟県/長岡市:甲クリニック 1995-04-21)
 三つ子の第3子が精神遅滞などの後遺症。◆請求認容(約1億250万円)  

■判決:東京地裁 H14.7.18
(事故:埼玉県/所沢市:防衛医科大学校病院 1996-02-28)
 未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術が失敗し、脳梗塞で死亡。◆請求認容(約6600万円)

  ■判決:新潟地裁 H14.7.18
(新潟県/三条市:済生会三条病院 2002-02)
 検診で肺がんの見落としとして提訴。◇請求棄却。

  ■判決:神戸地裁 H14.7.18
(事故:兵庫県/尼崎市:県立塚口病院 1994)
 食道静脈瘤破裂に対するSBチューブの使用法などに過誤。◆請求認容(約60000万円)

  ■判決:千葉地裁 H14.7.23
(事故:不明/医療法人の総合病院 1990-07-23〜09-06)
 食道全摘術後に多臓器不全で死亡。◆請求認容(1億1900万円)

  ■判決:東京地裁 H14.7.31
(事故:不明/歯科医院 1998-08-07)
 歯の審美治療で、期待を裏切られる。◇請求棄却

  ■判決:東京高裁 H14.8.8
(事故:新潟県/厚生連村上病院 1992-08)
 出産事故で女性が植物状態、男児が死亡。第一審判決の賠償金を増額。◆請求認容(約1440万円)

  ■判決:旭川地裁 H14.8.15
(事故:北海道/旭川市:市立A病院 1997-02-28)
 頸椎手術後の後遺症、説明義務違反を認定。◆請求認容(約70万円)

■判決:東京地裁 H14.8.27
(事故:神奈川県/川崎市:関東労災病院 1993-11-15)
 転院先へ情報提供、責任なし。◇請求棄却。

  ■判決:神戸地裁 H14.8.27
(事故:兵庫県/社会保険神戸中央病院 1996-04-22 )
 眼球打撲で適切な処置が遅れ、視力障害。◆請求認容(約2100万円)

  ■判決:東京高裁 H14.8.28
(事故:東京都/杉並区:河北総合病院 1990-07)
 大量輸液で死亡、医師に過失なし。遺族側が逆転敗訴。◇請求棄却

  ■判決:名古屋地裁 H14.8.28
(事故:愛知県/名古屋市:北病院 1999)  肺がん確定診断の遅れ、病院に過誤を認めず。◇請求棄却

  ■判決:大阪地裁 H14.8.28
(大阪府/大阪市淀川区:眼科医院 1992-01〜05)
 近視の角膜放射状切開手術。5人の◆請求認容(合計約1億760万円)

■判決:大阪地裁 H14.8.29
(事故:大阪府/吹田市:府立千里救命センター 1997-01)
 緊急大量輸血、ウィルス感染は許容するも、輸血後の検査結果で説明義務違反を認める。  ◆請求認容(100万円)

■判決:神戸地裁尼崎支部 2002-08-29
(事故:兵庫県/芦屋市:市立芦屋病院 1995-03)
 手術承諾書へのサインは説明の証明にならず。◆請求認容(約2960万円)

  ■判決:高松高裁 H14.8.29
(事故:高知県/南国市:高知医大病院 1994-06)
 脳出血を確認せずに、危険な薬を投与。過誤を認め、第一審判決を破棄。◆請求認容(約1400万円)

■判決:福岡高裁 H14.8.29
(福岡県/福岡市:G医院 1993-05-07)
 解熱薬の注射と内服で3日後に遺体で発見。病院側の控訴を棄却。◆請求認容(約3730万円)

  ■判決:東京地裁 H14.9.3
(事故:東京都/墨田区:眼科医院 1998-11)
 近視矯正手術で老眼に。◆請求認容(約50万円)

■判決:松江地裁 H14.9.4
(事故:島根県/松江市:松江赤十字病院 1997)
 狭心症治療で腎動脈損傷、翌日に女性が死亡。◆請求認容(約3800万円)

  ■判決:新潟地裁 H14.9.13
(事故:新潟県/新潟大学病院 1995-11-08 )
 排卵誘発剤で卵巣過剰刺激症候群になり、多臓器不全で死亡。説明義務違反を認定。◆請求認容(約5200万円)

  ■判決:名古屋地裁 H14.9.20
(事故:愛知県/名古屋市昭和区:名古屋第二赤十字病院)
 生体腎移植術後にカテーテルが外れた、病院に過失なし。◇請求棄却

  ■判決:最高裁第三小法廷 H14.9.24
(事故:秋田県/秋田市:(財)秋田県成人病医療センター 1990-11〜1991-03)
 末期がん、家族へも告知なし。最高裁が違法と判断。◆請求認容(120万円)

■判決:広島地裁 H14.9.24
(事故:広島県/広島市:形成外科病院 1999-01)
 美容形成手術の失敗、◆請求認容(297万円)

  ■判決:仙台高裁 H14.9.25
(宮城県/石巻赤十字病院 1999-02-02)
 コンパートメント症候群を看過し、左手麻痺。◆請求認容(約2500万円)

■判決:東京地裁 H14.9.25
(事故:東京都/B産婦人科と東京都立八王子小児病院 1998-08-21,22)
 新生児が出生翌日死亡。大量羊水吸飲症候群で病院に過失なし。◇請求棄却

■判決:大阪高裁 H14.9.26
(事故:大阪府/泉佐野市:クリニック 1991-02-28)
 未確立の乳房温存療法も、説明責任を認める。第一審の賠償額を減額。◆請求認容(120万円)

  ■判決:大阪地裁 H14.9.26
(大阪府/大阪市西区:済生会日生病院 1998-07)
 膵臓がん術後死亡、適切な治療があれば高い確率で救命可能。◆請求認容(2700万円)

  ■判決:新潟地裁 2002-09-26
(事故:新潟県/新潟市民病院 1991-08)
 誤診で脳腫瘍を見逃す。◆請求認容(約330万円)

  ■判決:青森地裁弘前支部 H14.9.27
(事故:青森県/黒石市:国立弘前病院 1995-06)
 手術でチューブを体内に遺残。◆請求認容(約30万円)

  ■判決:徳島地裁 H14.9.27
(徳島県/池田町:県立三好病院 1994-09)
 椎間板ヘルニア手術で神経損傷、不可抗力と判断。◇請求棄却。

  ■判決:東京地裁 H14.9.30
(静岡県/三島市:三島社会保険病院 1997-03-12)
 腎臓摘出手術のミスで死亡。◆請求認容(約4000万円)


   示談・和解 (対象期間に公表や報道があった示談・和解を日付順に並べてある。)

●示談:2001-06
(事故:愛知県/名古屋市西区:愛知県済生会病院 2000-07)
 骨盤手術中のミスで女性が死亡。謝罪。再発防止策を含め、示談成立(示談金約5800万円)。

●和解:前橋地裁 2002-07-03
(事故:群馬県/北橘村:県小児医療センター 1999-10)
 喘息の小児に間違えて血液製剤投与。謝罪。和解成立(和解金100万円)。

●和解:新潟地裁 2002-07-05
(事故:新潟県/新潟市:新潟市民病院 2000)
 扁桃腺摘出術後、シャワー中に喉から大量出血で死亡。和解成立(和解金約8000万円)。

●和解:新潟地裁 2002-07-10
(事故:新潟県/新潟市:新潟市民病院 2000-08)
 止血剤で神経障害の後遺症、和解成立(和解金約2000万円)

●和解:東京高裁 2002-07-15
(事故:東京都/東京女子医科大学病院 1995-11-11)
 腎不全の男性を帰宅させ、心不全で翌日死亡。和解成立(和解金不明)。

●和解:名古屋高裁金沢支部 2002-07-16
(事故:石川県/金沢市:県立中央病院 1994-08-03)
 胃がん手術による合併症で死亡。和解成立(和解金7250万円)。

●和解:大阪地裁 2002-07-23
(事故:大阪府/箕面市:箕面市立病院 1997-06)
 帝王切開後の死亡事故、病院に過失なし。和解成立(見舞金200万円)。

●示談:(事故:愛知県/名古屋市:市立城西病院 2002-03-15)
 子宮筋腫摘出術で腹腔内にガーゼを置き忘れ。処分。示談成立(示談金10万円)。

●示談:2002-08-02
(事故:神奈川県/横浜市:横浜市立大学病院 1996)
 心臓手術時にガーゼを遺残。示談成立(示談金約160万円)。

●和解:甲府地裁 2002-08-21
(山梨県/甲府市:山梨県立病院 1995-06)
 脊髄の手術で四肢麻痺。5600万円で和解成立。

●示談:2002-08-26
(事故:岐阜県/大垣市:大垣市民病院 1999-07-30)
 研修医が安易に診断し、男児が植物状態に。病院はミスを認め、示談成立(示談金500万円)。

●示談:2002-08
(事故:長崎県/長崎市:市成人病センター 2002-01-04)
 経皮的腎動脈拡張術後、出血で死亡。示談成立(示談金1600万円)。

●和解:山形地裁 2002-09-03
(事故:山形県/県立新庄病院 1996-05)
 胆石の検査後、死亡。和解成立(和解金約4750万円)。

●示談:(事故:静岡県/清水市:清水市立病院 2002-03-13)
 心電図の読影ミスで帰宅後に死亡。謝罪。示談成立(示談金1500万円)。

●和解:東京高裁 2002-09-04
(事故:東京都/港区:済生会中央病院 1989-01)
 人工呼吸中に低酸素脳症。後遺症。和解成立(和解金9500万円)。

  ●示談:(事故:静岡県/富士市:富士市立中央病院 2002-06-09)
 心筋梗塞治療でミス。謝罪。示談成立(示談金50万円)。

●和解:大津地裁 2002-09-10
(事故:滋賀県/高島町:公立高島病院 1995-03)
 交通事故被害者が医療ミスで後遺症。和解成立(和解金約1200万円)。

●和解:東京高裁 2002-09-18
(埼玉県/さいたま市:自治医大大宮医療センター 1997-10)
 検査と治療方針の過誤で、肺感染症から死亡。和解成立(和解金約5000万円)。


   その他 (対象期間に公表や報道があったその他の医療事故関連情報を報道日付順に並べてある。)

▲提訴:さいたま地裁
(事故:東京都/新宿区:日本赤十字献血センター 1999-08)
 献血で神経損傷、日赤に3000万円の損害賠償を求めて提訴。

▲調剤事故:三重県/伊勢市/マイニチ薬局、曽祢調剤店と小木店
 2002-06-11〜25
 調剤薬局から受け取った抗アレルギー薬で3児が痙攣を起こして入院。

▲行政処分:敦賀市
(事故:福井県/敦賀市:市立敦賀病院 1999-03)
 担当整形外科医と院長を減給、懲戒処分。

▲事故:東京都/東京女子医大病院 2001-03-02
 東京女子医大人工心肺事故、講師がカルテ改ざん。

▲事故:東京都/東京女子医大病院 2001-03-02
 東京女子医大人工心肺事故、内部告発で発覚。

▲提訴:鳥取地裁 2002
(事故:鳥取県/県立中央病院 1994-10)
 骨折の手術後にイレウスで死亡。遺族が早期発見・治療ができなかったことが原因と提訴。

▲訴訟:和歌山地裁
(事故:和歌山県/ 不明1998-07-25)  和歌山毒物カレー事件被害者の入院先病院相手の損害賠償請求訴訟で、当直医の証言に疑惑。

▲事故:茨城県/つくば市:筑波メディカルセンター病院
 2002-06-28
 術後に原因不明の腹腔内出血で女性が死亡。

▲感染:奈良県/奈良市:国立療養所西奈良病院 2002-07  結核病棟勤務の看護師3名が感染。

▲事故:岐阜県/県立岐阜病院 2001
 県立岐阜病院の2001年度の医療事故は4件。

▲事故:佐賀県/佐賀市:県立病院好生館 2002-06-14
 術中、ポンプで輸液中の血漿成分がカラになり空気が注入。患者はショックに。謝罪。

▲事故:神奈川県/横浜市:横浜市立大学病院 2002-06-25
 定位脳生検術後に脳内出血。患者に後遺症の可能性。

▲事故:茨城県/三和町:三和記念病院 2002-07-03
 肺炎から敗血症となって死亡の患者、人工呼吸器回路及び
 昇圧薬の点滴が外れていたことが判明。捜査を開始。

▲訴訟(刑事):東京地裁(事故:東京都/荒川区:佐藤病院 2000-12-21)
 手術ミスで術後に患者が死亡。公判で被告医師は起訴事実を否認。

▲事故:新潟県/新津市:潟勤労者医療協会下越病院 2002-07-08
 看護師がゆっくりと点滴すべき薬剤を間違えて短時間で注射し、患者が死亡。

▲事故:三重県/大台町:大台厚生病院 2002-07-08
 胆石症手術で全身麻酔導入中に容態が急変して死亡。

▲事故(続報):神奈川県/横浜市:横浜市立港湾病院 2001-08
 顎の矯正手術で植物状態になっていた高校生が、多臓器不全で死亡。

▲訴訟(刑事):高松地裁(事故:香川県/高松市:国立療養所高松病院 2000-08-08)
 腸閉塞手術で患者が死亡、業務上過失致死に問われている医師が無罪を主張。

▲事故:石川県/金沢市:金沢大学病院 2000〜2002-07
 放射線治療で予定線量を超える照射。2年間で12人。

▲事故:滋賀県/大津市:滋賀医科大学病院 2002-06-27
 脳の手術を受けた女性がくも膜下出血から水頭症となり、12日後に死亡。謝罪。

▲提訴:長野地裁佐久支部 2002-07-13(事故:長野県/臼田町:厚生連佐久総合病院 2001-04)
 肺手術、インフォームドコンセントが不十分だったと約5400万円の損害賠償を求めて提訴。

▲訴訟:広島地裁 2002-07-15(事故:広島県/広島市:広島市民病院 2000-03-16)
 心臓手術後に脳障害をきたした4歳児の損害賠償訴訟、広島市が法廷で責任を認める発言。

▲事故:埼玉県/深谷市:歯科医院 2002-06-15
 歯科治療中に4歳児が死亡。

▲事故:佐賀県/嬉野町:国立嬉野病院 2002-07-14
 鎮静剤を過量投与。ポンプの設定ミスか。

▲起訴(など):東京地裁 2002-07-19
(事故:東京都/東京女子医科大学病院 2001-03-02)
 東京女子医大の人工心肺事故で、2医師を業務上過失致死罪で起訴。看護師長とMEは起訴猶予処分。

▲事故:山形県/山形大学病院 2001-11
 術後シリコンドレーンが体内に入り込み、抜去を忘れる。

▲訴訟:金沢地裁 2002-07-22
(事故:石川県/七尾市:公立能登総合病院 2001-10-27)
 退院後に発熱。MRSA感染から敗血症で死亡。遺族が院内感染として提訴。

▲事故:神奈川県/伊勢原市:東海大学病院 2002-05
 気管内肉芽腫を棒状の硝酸銀で治療中に、硝酸銀が折れて気管内に落下。患者は2週間後に死亡。

▲提訴:佐賀地裁2001-05
(事故:佐賀県/藤津郡:病院 1998-11-21)
 喘息患者が造影CT検査で死亡し、遺族が提訴。

▲送検:秋田地検 2002-07-30
(事故:秋田県/秋田市:中通総合病院 2001-11-30)
 胸腔鏡視下縦隔腫瘍摘出術で静脈を傷つけ、患者は死亡。医師を業務上過失致死で書類送検。

▲訴訟:長野地裁2002-07-29
(長野県/中野市:北信総合病院 1997-08-12)
 骨折手術の麻酔後、植物状態に。遺族が起こした損害賠償訴訟で、病院側は過失を否定。

▲事故:新潟県/新潟市:新潟大学病院 1968-07
 34年前の心臓手術で遺残された針が発見される。

▲送検:大阪地検 2002-07-31
(事故:大阪府/吹田市:特別養護老人ホーム「弘済院」 2002-03-01)
 特養ホームで入所者が高温のお湯に入浴、死亡。吹田署は職員を書類送検。

  ▲送検:大津地検 2002-08-01
(事故:滋賀県/長浜市:長浜赤十字病院 2002-06-01)
 塩化カリウムの誤注射で患者が死亡。担当医師と看護師2名を業務上過失致死容疑で書類送検。

▲起訴:東京地裁 2002-08-02
(事故:東京都/三鷹市:杏林大学病院 1999-07-10)
 杏林大、割り箸事故の医師を起訴。

▲事故:愛知県/半田市:市立半田病院 2001-02, 2002-01
 半田病院が新たに2件の事故を公表。

▲提訴:岐阜地裁 2002-08-06
(事故:岐阜県/岐阜市:医院 2002-01-23)
 体調不良で診療、2日後、学校で倒れて死亡。医師と学校を提訴。

▲事故:山形県/山形市:産婦人科医院 2002-08-06
 子宮筋腫手術中に死亡。司法解剖で気胸が死因と判明。

▲事故:宮城県/仙台市:仙台市立病院 2002-03-23
 心臓カテーテルに誤って空気注入し、患者が死亡。賠償予定。

▲提訴:東京地裁 2002-08-09
(事故:東京都/世田谷区:関東中央病院 2000-07)
 MRSAで再入院を拒否されて死亡として提訴。

▲送検:さいたま地検 2002-08-09
(事故:埼玉県/川越市:埼玉医科大学総合医療センター 2000-10)
 埼玉医大の抗がん剤事故で主治医らを書類送検へ。

▲集団食中毒:栃木県/宇都宮市:報徳会宇都宮病院と併設老人保健施設「陽南」2002-07
 O157による食中毒が135人、死亡が5人に。

  ▲告訴:千葉県警 2002-08-13
(千葉県/茂原市:産婦人科医院 2001-09-05)
 適切な出産管理をしなかったとして、医師を告訴。

▲提訴:大阪地裁堺支部 2002-08-15
(大阪府/堺市:市立堺病院 1999-03)
 人工呼吸器が外れて意識障害、損害賠償訴訟を提訴。

▲提訴:横浜地裁 2002-08-14
(神奈川県/藤沢市:藤沢市民病院 2000-04)
 早期に検査、手術をしなかったために脳動脈流が破裂したとして、提訴。

▲事故:宮城県/花巻市:総合花巻病院 2000-02-02
 看護師が誤薬投与、死亡と関連性は少ない。

▲院内感染:大阪府/池田市:市立池田病院 2002-05〜07
 新生児68人からMRSAを検出。

▲院内感染:大阪府/池田市:市立池田病院 2002-05〜07
 新たに新生児18人からMRSAを検出。合計、86人に。

  ▲提訴:大分地裁 2002-08-17
(事故:大分県/大分市:大分赤十字病院 1998-09)
 手術でガーゼを腹腔内に遺残、病院を提訴。

  ▲事故:熊本県/熊本市:熊本大学病院 2002-08-02
 誤診で21歳女性の子宮を全摘。

▲事故:東京都/中央区:国立がんセンター中央病院
 広汎子宮全摘術中に大血管を損傷、心停止状態から翌日死亡。

  ▲訴訟:金沢地裁 2002-08-19
(事故:石川県/金沢市:金沢大学病院 1999)
 腹部の腫瘍摘出手術で、心不全により死亡。遺族が提訴した訴訟の第1回口頭弁論。

  ▲事故:愛知県/名古屋市:名古屋大学病院 2002-08-16
 腹腔鏡視下の大腸摘出手術で腹部大動脈を損傷し、2日後に死亡。

  ▲事故:青森県/むつ市:むつ総合病院 2002-08-16
 内服用の下痢止めを静脈注射し、患者が死亡。

▲事故:群馬県/前橋市:前橋赤十字病院 2002-07-09,25
 輸液ポンプによる薬液の過剰投与で2人が死亡。

  ▲事故:大阪府/大阪市住吉区:あびこ病院 2002-08-10
 吸入器使用後に呼吸不全。消毒薬が混合された可能性も。
 参考:2002-08-22朝日、日経、2002-08-23毎日など。

▲事故:北海道/旭川市:旭川赤十字病院 2002-06-23
 重症膵炎で死亡。食事再開が影響した可能性も。

▲事故:埼玉県/三郷市:みさと健和病院 2002-04-15,16
 過剰輸液で心不全の女性、人工呼吸器が外れて容体悪化し、死亡。

▲事故:福岡県/福岡市:九州大学病院 2002-08-20
 入院中の患者3人が異常を訴える。吸入器に消毒薬の可能性。

▲事故(カルテ改ざん):静岡県/富士市:産婦人科医院 1998-11
 新生児死亡でカルテ改ざん。

▲事故:島根県/松江市:国立療養所松江病院 2002-07-27
 輸血で患者間違え。
▲訴訟:大分地裁 2002-08-26 (事故:大分県/杵築市:衛藤産婦人科医院 1999-07)
 卵巣手術後に心停止、植物状態になった女性と夫が提訴。

▲告訴:東京地検 2002-08-28
(事故:東京都/東京女子医科大学病院 2001-03-02)
 東京女子医大の人工心肺事故で、教授を告訴。

▲事故:石川県/金沢市:金沢大学病院 2002-02
 レントゲン検査、患者を間違えて造影剤を投与。

▲提訴:松江地裁出雲支部 2002-08-29
(島根県/出雲市:県立中央病院 1997-11)
 喘息患者、エコー検査中に心肺停止。

▲事故:沖縄県/那覇市:精神病院 2002-08-28
 鎮静剤を打たれた男性、死亡。

▲事故:広島県/広島市:広島大学病院 2002-08
 病理診断で誤診、乳房全摘。謝罪。

▲事故:青森県/弘前市:弘前大学病院 1981-06
 手術で針を置き忘れ。21年間留置も、患者に説明なし。

▲起訴:千葉地裁 2002-09-03まで
(事故:東京都/杉並区:宝喜クリニック 2001-01-13)
 患者が舌を噛まないようにタオルなどで口を塞ぎ窒息。医師を在宅起訴。

▲送検:札幌地検小樽支部 2002-09-03
(事故:北海道/小樽市:市立小樽病院 2002-01-10)
 加湿水の交換時に人工呼吸器の電源を15分間停止させ、4日後に患者が死亡。看護師を書類送検。

▲訴訟:神戸地裁尼崎支部 2002-09-03
(事故:兵庫県/尼崎市:県立尼崎病院 1999-11)
 MRSA感染症で死亡した女性、4倍量の抗がん剤を投与されていたことが原因。

▲告訴:大阪地検 2002-09-03
(事故:大阪府/狭山市:近畿大学病院 )
 大動脈弁置換術で男性死亡。遺族が執刀した教授を告訴。

▲送検:水戸地検 2002-09-04
(茨城県/玉里村:石岡脳神経外科病院 2000-11)
 椎間板ヘルニア手術で女性死亡。

▲事故:石川県/七尾市:公立能登総合病院 1999-01-19
 造影剤注射ミス。患者を間違えて造影剤投与。謝罪。

▲事故:北海道/別海町:町立別海病院 2002-09-04
 腸閉塞からの穿孔性腹膜炎でショックを併発。

▲提訴:神戸地裁 2002-09-04
(事故:兵庫県/姫路市:姫路赤十字病院 時期不明)
 抗がん剤治療中に間質性肺炎で死亡。病院の感染対策予防が不十分と提訴。

  ▲訴訟:青森地裁八戸支部 2002-09-04
(事故:青森県/八戸市:八戸市民病院 1999-04)
 ガス壊疽で下腿切断。医師の見落としの過失を争う。

  ▲提訴:青森地裁 2002-09-06
(青森県/三沢市:産婦人科医院 1999-09)
 分娩時の不適切な対処で児に障害と、両親が提訴。

  ▲事故:長野県/阿南町:大下条小学校 2002-09-03
 2種混合ワクチン接種予定、間違って3種混合ワクチンを接種。

▲事故:神奈川県/横浜市南区:横浜市立大学市民総合医療センター 2002-09-06
 食道がん手術後、胸腔ドレナージで肺動脈損傷し、死亡。

▲事情聴取:神奈川県/川崎市:川崎協同病院 1998-11-16
 喘息患者の安楽死事件、立件へ。主治医に事情聴取。

  ▲事故:東京都/立川市:国立病院東京災害医療センター 2002-09-05
 手術予定患者がIVH後に急変、動脈穿刺か。

  ▲感染:青森県/県立中央病院 2002-09-01
 看護師2人がコレラに感染。

  ▲提訴:大分地裁 2002-09-10
(事故:大分県/大分市:諏訪の杜病院 1997-12)
 薬を間違えて栄養剤入りの点滴を打たれ、提訴。

  ▲訴訟:東京地裁 2002-09-18
(事故:東京都/東京女子医科大学病院 2001-03-02)
 女子医大心臓手術事故の初公判。

  ▲事故:岩手県/一関市:一関病院 2002-09-04
 救急指定病院に小児科医不在、8カ月児が死亡。

  ▲事故:福島県/相馬市:公立相馬総合病院 2002-09-14
 看護師が間違え、新生児が入れ替わる。

  ▲事故:新潟県/中頚柿崎町:県立柿崎病院 1999-09
 大学からの応援医が帝王切開手術に遅れ、新生児が仮死、死亡。

▲提訴:横浜地裁 2002-09-26
(事故:神奈川県/横浜市旭区/県立がんセンター 2000-04-26)
 右膝の滑膜肉腫手術で、腓骨神経切断。

  ▲提訴:横浜地裁 2001-07
(神奈川県/茅ヶ崎市:茅ケ崎市立病院 1998-07-23)
 扁桃摘出術で顔面動脈損傷。大量失血で意識不明となり、四肢麻痺の後遺症が残る。

  ▲事故:青森県/青森県立中央病院 1998〜2001
 青森県立中央病院で4年間に6件の医療ミス。謝罪。

▲院内感染:兵庫県/但馬地方:公立病院 2002-07〜08
 入院患者と看護師が「疥癬」に集団感染。

▲提訴:金沢地裁 2002-09-30
(石川県/金沢市:金沢大学がん研究所病院 2001-05)
 誤診で手術、術後に敗血症で死亡。


「患者のための医療」へ戻る



お問い合わせ  株式会社 篠原出版新社
Tel 03-3816-5311  Fax 03-3816-5314
E-mail:info@shinoharashinsha.co.jp
URL:http://www.shinoharashinsha.co.jp